運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

明治薬科大学が附属薬局をオープン

2014年02月15日(土)12時00分配信 配信日:14/02/15 12:00 icon_view2063view icon_view2063view
■24日開局 薬学生の実務実習の場に

明治薬科大学は、東京都東久留米市に附属薬局を2月24日にオープンする。附属薬局は、収益を目的とせずに、文部科学大臣の認可を取得した大学の付随事業として、薬学教育を実践しながら地域に根ざした薬局づくりをめざしていく方針である。

明治薬科大学は、明治35(1902)年に恩田重信が開校した100年を超える歴史と伝統のある大学である。同大学では、薬学部に6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科を併設している。

■地域住民の健康管理ステーションに

附属薬局は、地域医療を全面的に担う薬局の在り方を試行的に追求しながら、未来を担う理想的な薬剤師養成の教育内容を創り上げ、同時に未来を担う薬学生の教育を行う場としての設置となる。附属薬局は、現場で実践能力の高い薬剤師を育成するために、薬学生の実務実習等の教育研修施設として運営することが狙いである。

附属薬局では、清浄度の高い無菌製剤室や抗癌剤の調製を行うハザード室を設置する。地域住民の健康管理ステーションとして、保険調剤だけではなく、在宅医療の取り組み、OTC薬に関する助言や健康相談、情報提供を通じたセルフメディケーションも推進していく。薬局内には、地域住民が最新の測定機器を使用して定期的に健康管理を行える健康管理室や、学生による情報発信のコーナーを設置する。

(情報提供元:エスタイル)

Good 2

コメント

回答:2件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る