業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

富士フイルム CiRAと共同研究、iPS活用でAD薬開発を加速

2014年03月28日(金)12時00分配信 配信日:14/03/28 12:00 icon_view499view icon_view499view
富士フイルムは27日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)との共同研究を開始したと発表した。傘下の富山化学を通じ、アルツハイマー型認知症(AD)治療薬「T-817MA」の国内第2相試験に参加する患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用い、同薬の有効性を予測するためのバイオマーカーの特定をめざすなどして、開発の加速につなげる。共同研究は、16年度までの3年間を予定する。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5592件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る