業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ワールドカップ観戦の渡航者は黄熱の予防接種を

2014年05月24日(土)15時00分配信 配信日:14/05/24 15:00 icon_view457view icon_view457view
■黄熱ワクチンの接種を呼びかけ

2014年のワールドカップが6月12日から7月13日の期間にブラジルで開催される。厚生労働省は、ブラジルへの渡航者が黄熱に感染する可能性があることから、渡航予定者に黄熱ワクチンの接種を5月12日にTwitterで呼びかけた。

黄熱とは、熱帯アフリカと中南米地域の風土病で、蚊を媒介して感染する感染症である。発症した場合、発熱、寒気、頭痛、吐き気などの症状が現れ、場合によっては死に至ることもある。世界保健機関(WHO)は、流行地域に行く場合には、予防接種を受けてから渡航することを推奨している。

■接種は事前予約制 早めの接種を

日本の試合(グループリーグ)では、コロンビア戦の会場であるクイアバがWHOの黄熱予防接種推奨地域に該当する。黄熱予防接種は、予約制で全国25か所の接種機関で接種することができる。黄熱予防接種の料金は、1万円程度である。黄熱の予防接種証明書は、接種10日後から10年間有効となっている。

厚生労働省では、渡航のピーク時には予防接種が混み合う恐れがあるため、早めの接種を勧めている。また、渡航する地域や渡航先での活動内容によっては、黄熱以外にも、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病などの予防接種も勧めている。

厚生労働省は、ワールドカップまで100日となった今年の3月4日に公式サイトで黄熱予防接種の推奨を発表したが、再度、渡航者に呼びかけている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る