運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

JGA、13年第3四半期後発品シェア分析を発表

2014年05月24日(土)12時00分配信 配信日:14/05/24 12:00 icon_view588view icon_view588view
■新指標速報値で44.9%

日本ジェネリック製薬協会(JGA)は15日、2013年度の第3四半期(10月~12月)におけるジェネリック医薬品シェア分析の結果速報値を発表した。それによると、数量ベースのジェネリック医薬品シェアは44.9%となっている。

第1四半期は43.1%、第2四半期も43.1%と横ばい傾向が続いていたが、第3四半期では44.9%となり、1.8ポイントの伸びをみせている。この数値は、分母をジェネリック医薬品のある先発医薬品の数量とジェネリック医薬品の数量を合計したものとし、分子をジェネリック医薬品の数量とする新指標で算出されたもの。この新指標は、平成25年4月、厚生労働省より「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」で提示された算出方法である。

■医療費抑制、目標はシェア60%以上

なお、平成19年10月の厚生労働省による「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」で用いられ、これまで使用されてきていた球指標は、分母をすべての医薬品の数量とし、分子をジェネリック医薬品の数量としていた。

この旧指標を用いた分析では、2013年度の第1四半期は数量シェアが26.6%、薬価ベースの金額シェアが10.9%、第2四半期は数量シェア26.7%、薬価ベース金額シェア11.1%、今回の第3四半期が数量シェア27.8%、薬価ベース金額シェア11.4%となっている。

国では増大する医療費を抑制するため、2018年3月末までにジェネリック医薬品のシェアを60%以上にする目標を掲げている。今回の速報値では若干の伸びがみられたものの、この目標値達成にはまだ遠い状況だ。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1383件)

show

2018.04.25 new 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(20655件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5801件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る