業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ケンコーコム、24時間薬剤師対応システムで販売開始

2014年06月07日(土)15時00分配信 配信日:14/06/07 15:00 icon_view510view icon_view510view
■第一類医薬品を含むすべての一般用医薬品を販売

一般用医薬品や衛生医療製品、介護用製品、健康食品などのインターネット販売を行う「ケンコーコム」の運営で知られるケンコーコム株式会社は5月30日、「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」(改正薬事法施行規則)に対応した注文システムとして「薬剤師LIVE」をリリース、顧客が第一類医薬品を含むすべての一般用医薬品を、24時間スムーズに注文できるサービスの提供を開始した。

改正薬事法施行規則では、とくに副作用リスクの高い第一類医薬品の販売・情報提供に関し、厳格なルールが定められており、インターネット販売で取り扱うには、薬剤師が顧客とメールなどでやりとりを行い、その症状や持病・妊娠の有無を確認するほか、販売する医薬品について用法や服用上の留意点などを十分に伝えることが義務づけられている。

こうした薬剤師と顧客のやりとり、薬にする情報提供や顧客の理解を確認することに、メールの送受信を用いて対応することも可能だが、メールのやりとりでは時間がかかるため、注文完了にはかなりの時間を要してしまう。

■24時間リアルタイムで対応し販売可否を判断

そこでケンコーコムでは、24時間リアルタイムで薬剤師とやりとりができる「薬剤師LIVE」システムを開発し、導入。利用者が、いつでもその場で薬剤師とコミュニケーションをとり、スムーズに医薬品を購入することができるようにした。

薬剤師はこのシステムを用い、その場で販売の可否を判断する。顧客もすぐに結果を確認でき、販売できないとされた場合や、より詳細な確認が必要と判断された場合には、即座に薬剤師とチャットで会話し、医薬品に関する相談を行うことができるという。

24時間対応となっているため、利用者は近所の薬局が閉まっている時間帯などであっても、ケンコーコムの薬剤師とWeb上でやりとりすることで、第一類医薬品を含むすべての医薬品を購入することが可能だ。

ケンコーコムでは、この「薬剤師LIVE」によって、メール送受信よりもはるかに迅速に、薬剤師と顧客との情報交換を完了させることが可能となり、これまで以上に安全・安心かつスムーズな一般用医薬品の販売・購入が実現するとしている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る